腰痛を最速で解決するには

長引く腰痛の原因

腰痛が長引いてくるとその腰痛そのものの痛みよりも、長いこと治らない腰痛を患っていることに対するいらだちや不安がどんどん増してきます。

勿論本来の腰の痛みが取れていないのですから腰の痛み自体の苦しみもあります。

体自体がダメージを受けているのにそこにメンタルな部分が重なってきます。

更にその腰痛の原因の元々がストレスからの場合もあります。

そんな場合は更につらさを感じます。

いつ改善するかわからない痛みであっても、その痛みに対するあり方を考えていく事によって、すっーと痛みが軽くなる場合が有ります。

理屈ではなく感覚の部分もありますが、その感覚を逆に生かして痛みの改善に持っていくこともできます。

発想の転換ですね。

中々改善しない腰痛であっても必ず原因があります、一つ一つ見つけていってその原因をつぶしていくと腰痛は改善します。

ただ、その原因を身体だけに求めていくと結果ぐるぐる負のスパイラルに入ってしまいます。

 

腰痛は怒りである

腰痛のその80%は原因不明とも言われています。

痛みを感じたときに病院に行き
レントゲンやMRIを取って
ヘルニアや骨の変形を見せられると
とても重大なことと認識します。

しかし、大きなヘルニアがあっても
あまり痛まない人がいるのも事実です。

逆にレントゲン所見で以上がなくても
辛い痛みがある方もおられます。

その違いを何なのか。
そのことについてお話しします。

 

 

ストレスが腰痛を増大させる

腰痛の原因の中で
筋肉系骨格系を問わず
さらに増大させる原因として
ストレスがあります。

逆にいえば
ストレスを軽減すれば
痛みも軽減します。

 

腰痛の原因を識別する

腰痛と一口に言っても
様々な原因があります。

1) 筋肉・骨格系
2) 内臓系
3) ストレス系

この中で1)と2)の識別方法です。
何故識別するかというと

原因が変われば当然改善法も変わってくるからです。
原因をが特定できれば
それに対してアプローチすれば良いわけで
無駄な回り道をせずにすみます。

 

左右にひねると痛い腰痛を解消するセルフケア

ねじると痛い腰痛を解消するエクササイズです。
左右に体をひねって、
今の状態を確認しておきます。

どちらかにひねると痛い場合は
痛くない方に。

どちらにひねっても痛く無い場合は
どちらか動かして動きやすい
又はそちらの方向に動かすと気持ちいい
方向を見つけます。

セルフケアの方法は簡単です。

まず息を吸います。
次に息を吐きながら
動きやすい又はる痛くない方に体をひねります。
一番気持ちのいいところで止めて
少し“溜め(ため)”を作ります。

その状態を味わってください。
次に息をはきながら脱力して
体をもとの正面に戻します。

 

イスから立ち上がる時の腰痛を解消する方法

イスから立ち上がる時の腰痛を
解消する立ち方をお話しします。

イスから立ち上がる時は
重心の位置によって体を前に倒します。

その動作は腰部の筋肉に大変負担をかけます。
腰の筋肉に傷がある場合痛みが発生します。

しかし、立ち方を工夫すると
うそのように痛みが軽減します。

その方法は・・・。

 

美容師・歯科衛生士に多い腰痛

美容師や歯科衛生士の様に
体を前に倒して、曲げる動作をする職業に
多い腰痛のお話です。
体を前後に倒すのは腰痛が主に働き
体を左右にひねる動作は胸椎(胸の背骨)が主に働きます。

体を前に倒してそこにひねりを加える
単に前後運動をするより複雑に
背腰部に負担がかかります。

 

前に曲げると痛い腰痛の原因(デスクワーク編)

今日は前に曲げると痛い腰痛
その原因をデスクワークから考えてみます。

イスと机の高さがあっていなかったり、
ディスプレーの向きが微妙に正面でなかったり。

細かな原因でも毎日のことなので
結構腰痛の原因となりえます。

イスにクッションを敷いたり
調整できる椅子であれば
机手のバランスを考えてみるのもいいと思います。

その辺りの工夫をお話ししています。

 

前に曲げると痛い腰痛の原因 (家庭編)

腰痛の3大原因の中で今日は
筋肉系の腰痛の原因を考えてみます。

前に曲げると痛みが出る腰痛は
背腰部の使い過ぎによることが多いようです。

つまり腰を前に曲げることが
頻繁にある方は要注意です。

家事の中で気を付けなければいけないのが
掃除の時の掃除機をかける動作です。

この動作は結構体の前倒しがあります。
すると体を支えるために
背腰部継続的に力がかかり
前にかがむと痛みの出る
腰痛を発生することが多くなってきます。

 

ぎっくり腰を繰り返さないために

「ギックリ腰は癖になるのではない」
というお話をしました。

ギックリ腰になる条件が解消されていなけば
同じ条件が揃えは
何度でもギックリ腰は繰り返し起こります。

しかし、それはクセになっているのではありません。
逆にいえば良い条件を整えてあげれば
ギックリ腰は繰り返すことはありません。

では、その良い条件とは・・・。

 

クセになるギックリ腰なんてない!

ギックリ腰を繰り返す人がおられます。
「ギックリ腰が癖になる」とも聞きますが
ギックリ腰は癖にはなりません。

ただし、ギックリ腰は繰り返し起こります。
ギックリ腰になる原因が
解除されていなかったら
ギックリ腰は何回も起こります。

それは癖になるのではなく
同じ原因で泣かないも起こっているだけです。

原因になる条件を一つ一つ解除していけば
癖になることはありません。

しかし、原因にアプローチしないで
対症療法を繰り返すだけであれば
2回目3回目は前回のダメージを引きずっているので
程度がひどくなります。

突然やってくるかのようなギックリ腰は
体の内側からのメッセージです。

しっかりそのメッセージを受けとめて
根本からの対策をしていきましょう。