心理的に距離を詰めるに有効な事は?

2009.11.9発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんは。
TSP(セラピスト・サクセス・プロジェクト)の健康塾の岡田です。

一時、さむかっですがちょっとましになってきましたね。

————————————————————————-

明日の11月の「心と体をつなぐGの会」TSPはいつも通り18時から開催いたします。

出席の方は資料の関係上、明日の午前中までにお知らせくださいね。

テーマは「一歩先行く、感情コミニケーション(3)」です。

それといつものように個別コンサルをホットシート形式でします。

クライアントとのやり取りや、経営戦略からホームページ・チラシのアドバイスをさ
せていただきます。

資料(ホームページ・チラシ等)があればお持ちください。

さて、今月の宿題のヒントです。

問題は『クライアントと「ぐっと、心理的に距離を詰めるに有効な事は?」』です。
今回もたくさんのフィードパックをいただきました。

Iさんからは、『「お客様と自分が共感できることを探す」という事でしょうか?』

Sさんからは、『接触による誘導』

Nさんからは、『クライアントとの共通点を出来るだけ多く見つけだし、共感するこ
とで親近感をわかせること。~な事とありましたので前回のように言葉ではなく行
動かなと思いました。』

Yさんからは、『呼吸を合わせたり、同じ仕種をするといったことかとも思ったんで
すが、まず、自分の心がオ-ブンになっていると、「ようこそ!」といった態度や
言葉になるので、心構えかと。好きな気持ちとか、逆に苦手や嫌いと思う気持ちっ
て、隠していても相手に伝わるものだと思うので。
もっと具体的なことでしょうか…?』

Kさんからは、『、「有効な事」とあるので、言葉というより行動で示す事かなと思
い、お客様の訴えや会話の中で、共感を示して頷いたり、さりげないボディタッチ
をする…などかなと思いました。
でも、私は最近、改めて意識して、笑顔で見つめて話すようにしています。
なので私は「笑顔」かな?と思いましたが、どうでしょうか…。』

Mさんからは。『擬音などを混ぜて痛みやつらさを言葉で表現する。』

Nさんからは、『顧客様との共通の話題(興味のあること)を見つけること』

などといただきました。後お3人から頂いたのですが、自宅のパソコンなので割愛させ
ていただきます。

INからOUT。

色々ありがとうござます。考えるということが大事ですね。

今回答えをメールをくださっていない方も、しっかり考えてくださったと思います。
また次回はOUTしてくださいね。楽しみにいたしております。

さてヒントですが、

一番最後のNさんに「だいぶ近づいてきましたね。」いう返事を送ったら、

正解を送ってくださいました。

今回は正解に近い方は他にもおられましたが、現在のところ正解はNさんだけでした。

詳しくはまた明日のセミナーでお話しいたします。

そのNさんの解答「顧客様との共通の話題(興味のあること)を見つけること」で、

「じゃそのために何をしたらいいの?」がヒントです。

それが「今回の宿題の●●をする」です。

「Gの会」の開催場所はいつもと同じく健康塾です。
18時から始めますので5分ぐらい前にお入りください。

参加費は健康塾の在校生・卒業生は500円。

ホリスティック医学協会の会員または総合整体師会の在・卒業生は2000円、

一般の方は3000円です。

遠方の方はスカイプでの参加も可能です。
スカイプでの参加は、健康塾の在校生・卒業生は無料。
その他の方は一律2000円です。

スカイプの場合は事前に登録が必要なのでメールでお問い合わせください。

定員は10名前後です(先着順)。
どなたでもご参加いただけます。良かったらお友達をお誘いください。

予定がつきましたらまたご連絡くださいね。

楽しみにいたしております。