血質・血流の改善で頭痛を治す

健康塾で考える
健康の要諦は
血質・血流の改善です。

血液の質の悪くなる
大きな要素は食べ物です。
次がメンタルストレス。

血流が悪くなる要素は
関節の歪みと筋肉の固さです。

とても大雑把な言い方ですが
この食べ物とメンタルと
骨格の構造を
「食(血)」「心(気)」「動(体)」と
表します。

つまり健康塾では
血質血流の改善を
行うことで健康になると考えます。

その方法論として
「気血動の調和」
という言い方をします。

この考え方で
頭痛を考えていくと
その原因が
構造的な仕組みであるか
循環的なものであるか
と考えていきます。

構造的な物として
頸椎や頭蓋骨の歪み
首肩の筋肉のコリ
又はそれの複合体。

循環から考えると
血質を考えますので
メンタルストレスか
食事に間違いから考えます。

食事というと
甘いものの取りすぎが
原因となることが
結構あります。

医療期間で調べても
異常がないけど
頭か痛い

この状態で
甘いものを多食する。

この甘いものを多食する
原因としてストレスがある。

こうなると
構造的な歪を調整しても
中々改善できません。

こんな時に健康塾では
「気血動の調和」に照らし合わせて
原因を見つけていき
改善の糸口を見つけていきます。