下半身を安定さてせ、ジャストミートするために

ジャストミートさせる方法の2です。
体幹部の歪があれば
そもそも出発点が
違っているので
コースが定まらないですよ。

というのが前回の
お話でした。

体幹部のバランスか整っていても
下半身のバランスが狂っていたら
更にジャストミートからは
遠のいてしまいます。

今回は骨盤の
バランスチェックをしてみましょう。

まず、つま先とかかとをそろえて立ちます。
その状態で片足ずつ
太ももが地面と
平行になるまで上げていきます。

片足を上げる時
反対側の骨盤へ
ゆっくりと重心が
移動していきます。

この移動の距離と上半身の
動きに着目します。

上げた反対側の
骨盤が安定しないと
ふらつきます。

もっとも
脚を上げる時に上半身が
後ろへ傾きすぎるのも
良くありません。

太ももを上げる時に働く筋肉は
腸腰筋(ちょうようきん)と言って
お腹の中にある筋肉が働きます。
腹筋ではありません。

この筋肉が弱いと
上半身を後ろへ傾けて
バランスを取ろうとします。

というか股関節の高さまで
膝を上げる事自体が
できないかもしれません。

今回の動画では、
骨盤の左右のアンバランスと
その原因を見つける方法を
お話ししています。