整体の効果を上げる方法

[ws_table id=”1″]

整体の効果を上げるために
必要なことは、
まず自分の立ち位置を
しっかりと把握することです。

腰痛にしても
何処が痛いのか?
どうしたら痛いのか?

これがわからないと
施術者にうまく伝わりません。

その腰痛の原因に関しては
こちらが見つけるとしても

クライアント自身が
自分のことをうまく伝えられないと
その変化を認識できない場合があります。

施術をするだけであれば
どこがどうなっているか
施術者がわかれば良いのですが
クライアントに伝えるために

関節の可動域(動く範囲)
痛みの再現をしてもらいます。

今どうなっているかを
目で見たり、数値化したり
してクライアントと
現状を共有していきます。

その過程を
きちんとしていくことで
お互いが共通の
ゴールを設定して
一緒にゴール目指して
歩んでいけます。

このプロセスを
省かないで
ていねいにしていくことも
効果を上げていく
大きな要因です。