√ 腕を回しても肩こりには効果なし (前編)

健康塾の岡田です。

首の耐えがたい痛みやしびれも 元をたどると肩こりから始まります。

だから、まだ軽い肩こりの時に しっかりケア(手入れ)をしてあげれば 簡単に肩こり解消ができます。

肩こりに対して何か 体操してますか? と尋ねると 「肩を回してます」と言って 腕をぐるぐると回す方がいます。

あれでは肩こりは改善しません。

なぜなら、ほぐしている場所が違うからです。

腕を回してほぐれるのは 腕の付け根の筋肉 『三角筋』という筋肉です。

肩こりのメインの筋肉は 『僧帽筋』という筋肉です。

この筋肉は首の後ろについているます。

この僧帽筋は 首と肩と肩甲骨と背中を 結んでいる筋肉です。

だから腕を回しても その筋肉には動きが出てきません。

逆に腕を回さなくても 肩甲骨を動かすことで この肩こりの筋肉は とてもよくほぐれていきます。

肩こりの原因は 重たい頭や手を首の後ろの 筋肉で支え続けているためです。

つまり 肩の筋肉の血流障害です。

ですから肩コリの解決法は 肩周りの筋肉の 血流を改善してあげたらいいのです。

という事で一番最初に思いつくのは 冒頭に出てきた 腕を回すという運動ではないでしょうか。

しかし、ここでちょっとした落とし穴があります。

明日へ続く。


痛みと歪みの徹底改善
健康塾真愈整体院