O脚の人が絶対してはいけない歩き方

O脚の方はどんな歩き方をしたらいいのだろうか
色々細かいことにこだわってい言うと
たくさん制約がありますが
簡単に言うと
「大股で早く歩く」に
集約してもいと思います。
 
 
阿倍野区昭和町駅前整体院
「健康塾SBバランス整体院」
O脚マスター岡田です。
 
 
ではダメな歩き方は?
 

これは小指側に
力が逃げていく歩き方です。
 
 
しかし、ここで問題なのは
小指側に力が入ってはダメと
無理に内側に寄せてしまうことです。
 
 
 
O脚の原因が大腿部の内旋なので
足首を無理やり内側に力を入れても
内旋は改善しません。
それどころか足の内アーチが無くなるという
二次的な弊害も起こります。

それ似た状態が
モデル歩きです。
O脚の方は大腿部の内旋が起こり
大転子が本来の位置より
前に来ています。
その結果骨盤の横の張り出しが起こります。
 
  
その状態でモデル歩きの様に
一本の線の上を歩く歩き方をすると
大転子と両足が
逆三角形の形となって帰って大転子が
外へと張り出します。

 
大転子を元の位置へ戻す
外旋筋にしっかり
力が入っている状態であれば
モデル歩きもいいでしょう。
しかしお尻に力がない状態で
形だけまねても決して
O脚は改善しないどころか
かえって骨盤が張ってきて
バランスが悪くなります。
 
 
モデルさんは普段から
レッスンをして体幹と臀部が
しっかりと鍛えられているので
あの歩き方が綺麗にできるのです。

 
モデル歩きをするから
綺麗な足になるのではなく
普段のたゆまぬ努力の結果
綺麗な足になっているのです。

 
そこを理解して
正しいO脚矯正と
普段の努力でモデルのような足を
手に入れることも可能ですよ。