骨盤ダイエットのこつ

ダイエットをしていても

下半身が中々

痩せない方が結構います。

 

食べない系ダイエットをすると

体重は落ちて痩せてくるのだけども

上半身から痩せて

下半身には

中々変化が出ない。

 

お尻の肉は残って

バストが痩せて。

 

「こんなはずじゃなかった。」

という声をよく聞きます。

 

下半身ダイエットのコツは

大きく分けて2つです。

 

1) 骨盤の歪み(開き)を改善

2) バランスの良い食事

 

この2つが重要です。

もちろん運動も大切ですが

上記の二つをまず考える必要があります。

 

1) お尻の横の大転子(だいてんし)

と言われる骨盤の横の出っ張った骨。

 

この部分が大きく横に張り出して

いる場合は骨盤の下の骨(坐骨)が

開いている可能性があります。

 

この場合は骨盤の調整が

必要となってきます。

 

骨盤が開いているというのは

一つの目安で開いている方の多くは

骨盤の歪みもあります。

 

骨盤がゆがむと

下半身の血行が悪くなり

代謝が悪くなり

下半身が痩せない大きな原因となります。

 

一生懸命ダイエットをしても

とても効率が悪く

「労大きく功少ない」という状態です。

 

もう一つは食事の偏りです。

痩せたいということで

ご飯を目の敵にして

一切お米を食べないかもおられます。

 

お話を聞いてみ見ると

「ご飯を食べてない」ということを

一生懸命強調されますが

 

よく聞いてみると

おなかが減るので

お菓子を食べているとか。

 

身体や脳が働くには

ブドウ糖が必要です。

 

その材料として

炭水化物は絶対必要です。

 

ですから、

妥当な方法で糖質を入れる必要があります。

でもお菓子はダメです。

 

朝昼晩に1膳ずつ

お米を食べるのは

全然問題ありません。

 

むしろお米を食べないで

お菓子を食べている方が

バランスは崩れてきます。

 

ダイエットを始める前に

この2つのポイントを

ぜひ見直してください。