「痛いの痛いの飛んでいけ~」

うちの真愈整体の会の

西日本支部長をしている

松林庵の松林さんのブログに

今日こんなメッセージが載っていました。

『痛みはいつも感情とともにあります。』

小さいころ転んだ時お母さんが

「痛いの痛いの飛んでいけ~」

と言ってもらいましたね・・・。

という内容です。

このブログには彼

独特の解釈が付いています。

とても面白いのでまたご覧ください。

風変わりな整体師をめざして

この

「痛いの痛いの飛んでいけ~」は

私もよく講義で使います。

私は「感情の記憶」という使い方でなく

イメージ療法として説明をします。

どちらにしても意識を変えると

いうことでは同じなのですが、

「なるほどこんな説明の仕方もあるな~」

と感心して読ましていただきました。