梅雨空

7月になってようやく梅雨らしくなってきました。

「雨の降る前になると神経痛が痛み出す。」

ということを良く聞きます。

これは低気圧の関係で痛みの閾値が変わるから(感受性が高くなる)といわれています。

低気圧に限らず、この痛みの閾値は変わります。

例えば足の傷より顔の傷、歯、目、耳などは

その痛みが5であっても6や7に感じてしまいます。

また、同じ5の痛みであっても気分が優れない時や

イライラした時は6や7に感じます。

それに痛み(病気)対して不安を持つとその不安が痛みを

助長させて行くことが多くあります。

インフォームドコンセントとよく言われますが

私のところでは初回時に30分から1時間ぐらい掛けて

問診(カウンセリング)をしていきます。

よく話し合いをしてクライアントの抱えている不安を

少しでも取り除かせていただくことは

整体(心理整体)をしていくことに大きく役立ちます。

20代後半からこの仕事をしていますが

何分若く見えるので昔はなかなか説得力がありませんでしたが

私も来年には50歳になります。

ちょっとは説得力が出てきたようです。

「人の痛みがわかる」整体師としてお役に立ちたいと思う今日この頃です。

梅雨の合い間の太陽のように。

人気blogランキングへ