ちょっとしたこと。

 

一昨日は朝から雨がしとしと降ってました。

 ある会合に出かけてその会場の窓から何気なく外を見ると、

隣の建物の壁が大きく視界を遮ってていました。

その壁まで距離は7~8mあるのでそんなに威圧感はありませんでした。

 

その壁伝いに雨樋が3本見えました。

その中の真ん中の雨樋の周りを水が流れていました。

 

もちろん本来ならその樋の中を雨水が流れるはずなのに

周りを流れるのはおかしなことですね。

 

多分入り口が落ち葉か何かで詰まって

周りへあふれ出ているのだと思います。

 

そのとき思ったのは誰かがいくら良いことを言ってくれても、

「自分の殻にふたをしてしまったら中には入って来ないんだなぁ」

って考えが思い浮かんできました。

 

帰ってからふと家の前の溝に目をやったらコンクリートの隙間から

植物(多分、プテリス)がそっと顔をのぞかせていました。

 

ちょっとした事に気づける感性を大切にしていきたいと思います。

 

真っ直ぐに生きていくためには。