自然に生きてるってなんて・・・。

皆さんは「自然」といえば何を想像します。
季節は紅葉。

自然は実に不思議です。

同じものって何一つないんですね。
みんな違う、
それでいてそれぞれが
微妙なバランス感覚で調和が取れている。

自然界は(ココで言う自然はnatureです)
他者と競ってないともいえるし、
適応ということに関しては、
勝ち残ったものが進化をして現在まで生き残っている。
ともいえるでしょ。

この「適用」という言葉もなんか好きですね。
私たちの体は微妙なアンバランスの上に、
バランスをとってると言えるんじゃないですか。

よく整体では
「骨盤が歪んでるから治さなくっちゃとか、
足の長さが違うから揃えなくっちゃ」
とか言われますが、
私はこの歪みと痛みの因果関係には、
クエスチョン・マーク(?)のところが有ります。

骨盤調整の授業をすると
みんな足の長短を気にするけど、
目的は揃えるということでは無く、
「クライアントの苦痛を取る
ということにポイントをおいて」って毎回言います。

でもなんかみんな揃えたがりますね。
足の長短がそろうということは、
結果でいいと思います。
目的ではないと私は考えます。

私たちの体は完全に対象ではありません。
手足の長さもしかり、
顔のパーツもよく見ると左右対象では有りません。

ものすごくダイナミックな力で、
順応していくパワーを人は持っていると思います。

もちろん痛みの原因が
体のひずみによる事もありますが、
あんまり目くじらを立てないほうがいいと思います。

私の整体院の屋号には
「バランス整体院」という言葉を付けていますが、
この意味は左右を同じにするというバランスではなく、
調和という意味に解釈しています。

自然界には同じものって無いですね。
(私たち人間も自然界の一部です)みんながオンリー・ワンです。

今から20数年前、
玄米菜食自然食主義をしていた時期がありました。

徹底的にやる方だから(だったから)
職場で炊事もしていました。

その時一週間の完全断食もしました。
でもその後すぐやめました。

やめた理由は自然食というものを探さなきゃならない、
という不自然さが嫌で。

その時、
吉田拓郎のフォークソングを良く聞いていまし。
その中に「イメージの詩」というのがあり、

歌詞の中に

「自然に生きてるってわかるなんて、
あぁなんて不自然なんだろう」

このフレーズが妙に気になって・・・。

◆冷えすぎに注意です。整体で「身体にご褒美を!」
体調管理は健康塾の整体療法で!