バランス体操(腰痛編)

今日は整体のお話です。

人間が立っていられるのも前面の、

腹筋群と後面の背筋群が、

バランスよく釣り合っているからです。

若い女佳や中年以降のお腹の出てきた男性の方々、

台所仕事で立ちっぱなしていると腰が痛くなってくる方は、

とくに腹筋が弱くなって腰の痛みを感じる方が多くそんな方は是非お試し下さい。

Ⅰ)仰向けに横たわり、両膝をそろえて軽くかかえます(I)。

次に息を吐きながら、両膝があごに付くように手で引き付けます(J)。

l秒程止めて、ゆっくりもとに戻します。

この動作を5~20回程繰り返します。

最初は無理をせずに、各自のできる範囲で行ってください。

真っ直ぐに引き寄せることにより、背骨(骨盤)の矯正にもなります。

(注)両膝の高さが違う人は、低い側の膝のお尻の下に、

タオルを折ったものを入れて、両膝の高さをそろえるとよいでしょう。

Ⅱ)バスタオルを縦に二つ折にし、

端からくるくる巻いたものを用意しておきます(K)。

まず、仰向けに横たわり、両足をそろえて真っ直ぐ伸ばします。

次に両膝を曲げ、お尻を浮かします。

そして腰の後ろに(へその裏側)に用意したバスタオルを当て

ゆっくりと腰を降ろしていきます。

痛くなければ足を伸ばして体のカを抜きます(L)。

体操Ⅰ・体操Ⅱ、も動作の途中で痛みを感じた場合は、

その体操はやらないこと。

毎日続けることにより少しづつ効果がでてきます。