今日はどんな調子ですか?

 

今日のIさんの背中

右の半分が異様に硬かったな。

その分いつもつらいって言っている左の肩、

今日は何にも言ってなかったなぁ。

 

毎回つらい(痛い)場所が変わる人が居ます。

同じ所の痛みの度合いが日によって変わる人もいます。

 

例えば

「私は椎間板ヘルニアがあって腰が痛むんです。」

というTさん。

私「いつが一番痛いんですか?」

とお聞きすると、

Tさん「いつも痛いです。」

と決まって答えが返ってきます。

そこで

私「寝てる間もですか?」

と尋ねると、

Tさん「いや寝てる時は痛くないです。」

私「ううんっ、そうなんですね。大丈夫なんですね」

 

私「起きた時はどうですか?」

Tさん「起きた時は、痛くないです。」

私「ううんっ、大丈夫なんですね。」

Tさん「ええ。」

Tさん「夕方になったら痛くなってくるんです。」

私「昼間は大丈夫なんですね?」

Tさん「そうですね、昼間は痛みません・・・・。」

 

この会話なんか気づきませんか?

Tさんの答えはどんなときも“痛い”が出てきますね。

私は極力“痛い”という単語を出さないようにしています。

Tさんの頭は“痛み”で一杯です。

 

多くのクライアントの場合「5」という痛みがあったら

本当の痛みが「3」としたら残りの「2や3」は

自分で思い込んでいることや

自分が発する『痛い』という言葉に

暗示にかかっていることが多いんですよ。

冷静に本来の「3」の痛みにだけ注目できれば

もっと早く解決することが多く見受けられます。

 

苦しみに始点を合わせか

喜びに始点をあわせるかで

自分のコンパスは変わってきますよ。

 

真愈整体学院の「卒業生の声」が新しくなりました。

良かったらご覧下さい。

 

ブログランキングに参加しております

よろしければ一票お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

★人気blogランキングへ★ランキングを見てみよう!

 

◆温かいお風呂に入ってゆっくり体を休めてあげてください。

整体で「身体にご褒美を!」。

体調管理は健康塾の整体療法で!

◆寺子屋式整体スクール「真愈整体学院」