私の指定席

 もうじき夏休み。面白そうな映画が目白押しですね。

映画に行くといつも自分の座る席、

決まっていませんか?

と言うのはスクリーンに対して、

いつも右とか左とか決まっていませんか?

勿論そこしか空いてい無かったということもあるでしょう・・・。

 例えば向かって右にスクリーンがあるとしたら、

映画を見る時は体(首)を少し右にひねって見ることになります。

その方が体は楽なのを知っているからです。

つまりその方向に体を回すと楽なように、

体の歪みが生じているということになります。

 体のゆがんでいる人を見ると、

ある部分の筋肉はたるんでいたり、

また別の部分は緊張しています。

普通、そのような体のゆがみ、

こり、こわばりは、

体操や整体などの外からの刺激だけで

治せると思っている人が多いのですが、

この考え方は少し違うと思います。

 つまり、その型(姿勢)を保っている

体の内側の働きが狂ってきたから、

外側も歪んだのです。

 その内なる働きは、

ストレスがあっても、

食べ物が間違っていても、

呼吸が不完全であっても狂います。

 修正のためには、

体だけの問題ではなく、

心身の内外に影響を与えるすべてに目を向けて、

その人を取り巻く環境まで考えに入れるべきだと思います。

 このことを理解するなら、

肩がこったといってただもみほぐしても、

根本的解決にならないし、

冷えがあるといってもただ暖めたりしても、

対症療法にしかならないということが、

解かっていただけるはずでしょう。

すべては総合的(ホリスティック)な観点から、

見ていく必要があると思います。

それが本来の東洋医学的発想です。

整体師健康相談 B L O Gで整体に対する質問をお受けしています。一度ごらんください。

健康塾SBバランス整体院のプロモーションビデオができました。

仮放映中です。ご来院の参考にしてください。

★人気blogランキングへ★

↑参加しております良かったら、投票(クリック)をよろしくお願いいたします。

◆7月も半ばあとちょっとで梅雨も明けましょう、

 冷たい飲み物には気をつけましょう。

 整体で「身体にご褒美を!」。

 体調管理は健康塾の整体療法で!