O脚を治すゴッドハンド

昨日の日本テレビの「魔女たちの22時」で、
「O脚を治すゴッドハンド」という番組がありました。

O脚というのは足だけの問題でなく、
体全体の歪みの結果として捉えることのできる、
整体院・治療院で有れば、改善するのは当然です。

ただ膝の間があいているから、
横からぎゅうぎゅうではO脚を治すのは無理です。

私のところに来る方々は他で治らないから来られる方が多いですが、
話を聞くと無茶苦茶なことをしてこられた方もたくさんおられます。

その1、寝る時に膝を縛って寝る。

人間は機械では有りません、こんなことで治るはずは有りません。
まして血の流れに障害が起きとんでもないことになります。
すぐに辞めてください。

その2、これも諸説色々ありますが私はおかしいと思っているのに、
O脚矯正サンダルが有ります。

足の外側が高くなっているものです。

これもイメージ商品だと思います。

確かに履いている時は膝の間が寄りますが、
サンダルを脱ぐと足首の歪みが大きくなります。

その3、膝に紙を挟んで落とさないように屈伸をする。

これは何故いけないかというと、
O脚の発生のメカニズムが解ってないとこのような発想になります。

要するに膝間が開いているのは結果で、
元の原因は違うところに有ります。

例えば、
膝ついているが膝から下が開いているXO脚というタイプのO脚は
既に膝が付いているのでこれり以上は無理です。

健康塾ではO脚の原因は、
坐骨間の開きによる、大腿部の内旋(内捻じれ)と考えます。

原因の捉え方が間違っていたら、
当然結果は出ません。

このテレビのゴッドハンドの先生は、
その辺りのところをしっかりと掴んでおられるのでしょう。

O脚矯正と小顔整体の健康塾