口を開ける時に顎が左右に動きますが治りますか?

口を開ける動作は
通常二段階になっています。

物を食べたり、喋ったりする時は、
芯棒が入っているような動きとなり
あくびなどさらに大きな口を開ける時
顎関節は前方へ滑るように動きます。

この時にスムースに動くように
関節円板という緩衝物があります。

開口時の顎の左右への動揺は、
多くの場合はこの関節円板の故障
であることがほとんどです。

顎関節にある筋肉や
靱帯の動きが左右で違ったり
関節円板そのものの変形もあります。

この原因として考えられるのは
片側ばかりで噛み癖があるとか
頬づえやうつ伏せ寝などです。

整体で顎関節の動きを調整するのと
同時にこれらの原因を
なるべくしない工夫が大切です。