ひよっこ「すずふり亭」鈴子さんの「腰痛治っちゃった」

8月12日の朝のNHKドラマ「ひよっこ」の
すずふり亭の牧野鈴子さんがドラマの中で
「腰痛治っちゃった」と言っていますこれを考察してみます。

主人公の谷田部みね子が
お父さんと一緒に奥茨木の実家に帰っている間も
すずふり亭は大繁盛。

おかみさんの牧野鈴子さんはじめ
スタッフ一同みんなおお忙しさで疲弊していた。
みね子がいないことで、
みんなの負担が増えることで大変な様子。

そんな時鈴子さんが「あ痛たたっ」と腰痛を訴える。
前かがみで起き上がれないという設定です。
皆が「みね子~と」噂をしている時に、
起こったことです。そんな時
みね子(有村架純)が帰ってきた。

みんなで談笑してる中で鈴子が
「腰痛治っちゃった」と言って
腰が起きてしゃっきっとして皆で大笑いをするというシーンです。

ぎっくり腰は突然やってきます。
今回は立ち上がろうと体を前へかがめた瞬間に
「あ痛たたっ」となっていました。

確かに突然やってくるし、
くしゃみをしただけとか、
床に落ちた鉛筆を拾おうとした瞬間とか。
動作自体はほとんどが軽いものです。

動作自体は軽いのでつい突然
やってきたと思いがちですが、

その時点で体が疲弊しきっているところがポイントです。
元気な時にぎっくり腰はほとんどといっていいほど起こりません。

一日の疲れは正しく睡眠をすることで基本的には回復します。

しかしたまたま徹夜が続いたとか、
遊びすぎたとかで自分の回復のキャパを超えた時に、
元気な時であったら何でもない動作に体が
付いてけず急性の痛みを発症します。

ただしこの場合も骨がずれたり、
骨自体が痛むことは有りません。

多くの場合は筋・筋膜の裂傷(キズ)です。
ですからいくら劇的な症状であっても
安静にすれば必ず改善します。

その痛みは体からのメッセージで
どこか生活習慣に間違いがあるからです。

その原因をたどれば足首のちっとした歪みから、
体の各所で補正が始まり時間をかけて
体全体のバランスが狂ってくるとという事もあり
そうなると疲労の回復がうまくできず、
ちょっとしたことで反応(痛みが出る)が起こります。

今回の鈴子さんの場合、
痛くなってもその後
みね子さんの顔を見た瞬間に治っています。

腰痛には
肉体的な疲弊ももちろんありますが、
ストレスが痛みを作ることとも多々あります。
その部分も考慮しないと腰痛は中々完治しません。

西洋医学でも腰痛の8割はその原因はわからないと言われています。
レントゲンの所見で異変(ヘルニア等)が有っても
痛みとは関係ない場合も結構あります。

そんな原因のわからない腰痛も健康塾では
「心・食・体の調和」で考えていくと意外と早く解決しますよ。
原因のわからない腰痛でお悩みの方は一度ご相談ください。