猫背の原因は腰にある

脊柱は首の骨が7個
背中の骨が12個
腰の骨が5つあります。

猫背は背中の骨が後ろに
大きくカーブを描いています。
そして良い姿勢をしようと思うと
その背中を伸ばそうとしますが

前後に関しては背中の骨(胸椎)は動きにくく
まず腰が動き始めます。
しかし、目線が上がるので
本人は良い姿勢と認識します。

実はそこが一番問題なのです。