サクラの開化と坐骨神経痛の関係

おはようござます。
阿倍野区整体の健康塾 です。

全国各地で
桜の開花が宣言されています。

坐骨神経痛を改善しに来られている
和歌山のクライアントの方との
今日の会話です。

私の周りではまだつぼみぐらいで
サクラの開花など
全然意識していなかったのですが・・・。

この方に今日は
こんな話をして差し上げました。

「まもなく春がやってきますが
春というのは体を改善するのに
最適な時期なんですよ」と。

事実、春から夏にかけて
自律神経の支配が
交感神経(働け神経)から
副交感神経(休め神経)に
変わっていきます。

体が(骨盤)が緩んで
動きやすくなってきます。

また、実際暖かくなってきますので
体液(血液やリンパ液)の循環も良くなり
体の変化が大きく出ます。

この時期に適切な
調整をすると、
ぐぐっと体の変化を
見ることができます。

整体をしていても
ものすごく変化が
こちらの手にも
伝わってくる時期なんですね。

寒い時期は体も
こわばり、本来の痛み以上に
増幅して痛みを感じてしまい
体の変化もいまいち反応が悪いです。

私たちの体は
自然治癒力という
自然に治る力を備えています。

ですから春先は
その力を最大限に利用して
大きな成果を上げることができます。

冬の間、
体の痛みをずっと抱えていたあなた
よかったら
整体の門をたたいてみませんか。

お近くの方であれば
是非健康塾にご相談ください。

遠方の方であれば
インターネット等で探して
治療方針など電話で
聞いてみてはいかがでしょうか

では、この良き季節を
充分にご利用ください。