足から肩こりを解消する

下半身からの肩こり解消
パート2です。

昨日は足首の動きを使って
全身の体液循環を
促進するセルフケアをお話ししました。

今日はそのバリエーションです。

前回は足を伸ばしたまま
体操をしましたが
今日は膝を曲げて
足の体操をします。

この膝を曲げているのと
伸ばしているのでは
何が違うかというと

力がかかるふくらはぎの
筋肉が違います。

ふくらはぎには大きな
筋肉が二つあります。

ふくらはぎの筋肉を
別名で「下腿三頭筋」と呼びます。

三頭筋とは筋肉の始まりが
3か所あるということです。

先ほどふくらはぎは
2つの大きな筋肉があります。

と言ったのに
始まりが3つとは
矛盾しているようですが

二つあるうちの筋肉の
腓腹筋という筋肉が
内側と外側に分かれているので
筋肉の構成上
3つと数えます。

もう一つま筋肉の名前は
「ヒラメ筋」と言います。

テレビのコマーシャルで
名前を聞いたことがある方も
いるかもしれませんね。

この二つの筋肉の違いは
ヒラメ筋の方が骨に近く
その上の腓腹筋が覆いかぶさるように
配置されています。

そしてそれぞれの筋肉の
始まる場所(起始部)が違います。

ですから膝を曲げて
する体操は膝を伸ばしてする体操で
違った効果があります。

やり方は簡単です。
是非やってみてください。

[ws_table id=”1″]