今朝のNHKのあさイチで「おばさん脚」の特集をやっていた。

「おばさん脚」とは、座った時に膝が開くということです。

 

そのトレーングに方法が番組で特集されていた。

そのトレーニングとはズバリ「内転筋」を鍛えるというものである。

 

確かに内転筋が衰えてくると、

O脚になり易いというのも勿論ですが

根本的な身体のバランスが悪くなってきます。

 

テレビで紹介していたのは内転筋を鍛える体操でした。

例えば椅子に座って膝を付けたまま立つというものです。

 

このO脚を改善する体操は結構昔から本等に載っています。

ただし、健康塾ではこの体操はお勧めいたしません。

 

この体操では、内転筋が緩んで起こるO脚には効果がありますが

膝下O脚には逆効果になります。

 

あさイチの本来の特集の趣旨は

「座った時に膝開いてませんか?」であり

O脚をあらゆる角度から見て改善しうというものではありません。

 

試しに椅子に座って膝を付けて立って見てださい。

膝の間はひっ付くかもしれませんが

膝の下(ふくらはぎ)の間は中々付く事は有りません。

 

つまり本当にO脚を治すために必要なのは

内転筋より「外旋筋」です。

 

軽いO脚なら次の体操をお勧めいたします。

 

O脚矯正体操基本1

1、両足をそろえて立ちます。
2、足の親指が離れないように気をつけながら、膝頭を外側に回すように力を入れます。
3、その状態をキープしながら膝を寄せます。(この時に膝頭が戻らないように気をつけます。)
4、膝を寄せたまま3秒キープです。
5、そして力を抜きます。ここまでが一回です。
6、10回が1セットで、一日3セット行います。

 

この体操だと、膝下もくっ付いてきます。

 

それでだめなら、O脚専門の健康塾へお尋ねください。

O脚専門整体院【健康塾】

 

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ