エッセイ集『風に吹かれて』メニュー

 

価値観 北風と太陽 自然 それにつけても人それぞれ
趣味 タブローはタイムマシン リセット 裏方
声帯と整体 言葉の力 2倍速
熱帯魚 前兆 自信 潜在能力
原動力 季節感 後押し 広告
お婆ちゃんの知恵袋 おばちゃん話 祈り トラウマ
アマチュア選手 イメージ ルール違反 内動

 

 

声帯と整体

 

 うちに来られるクライアントに声楽のY先生がおられます。このY先生はオペラ歌
手で、年に何回も公演をこなし、自宅で声楽を教えておられます。もともとは、Y先
生のお弟子さんがうちのクライアントでそのご縁で、定期的に体の調整をさせても
らっている。そのY先生から聞いた興味深い話を・・・。

 今更ながらの話であるが、声帯は筋肉であるということを再認識した話。Y先生
は公演の前にお弟子さんに肩、背中を、一時間ぐらいマッサージしてもらうそうで
ある。この事はもともとうちに来られていた、お弟子さんに聞たことがあった。そ
の時は「ふう〜ん。そうなんだ?」という感じであった。だからあんまり気に留めて
いなかった。初回にY先生を施術させてもらった時にその話題がたまたま出た。そこ
で教えてもらったことが、冒頭に書いた「声帯は筋肉である」というくだりだ。

 運動をし過ぎたり、仕事で同じ場所を継続的に使うとオーバーユース(使いすぎ)
になり、その部分の機能が低下する。体表から触れることのできる筋肉はコリが溜
まったり、筋肉痛になったりすると容易に認識できる。しかし、この声帯という器
官が筋肉疲労を起こすということは、なかなかイメージしにくいのではないか。カラ
オケなどで歌いすぎてのどを痛めるということはあるが、筋肉を酷使しているとい
うのではなく、表層部の炎症という感じがしていた。

 声帯も使いすぎると硬くなるのだそうだ。筋肉は使っていない時はやわらかく、
使う時にすばやく収縮するのが良い筋肉である。声楽というのは体を楽器に見立て
発声をするという。声帯がリードに当たりボディが共鳴装置となるということだ。
そのリードに当たる声帯はやわらかい程、振動数が高く高音が伸びるそうだ。だか
ら楽器を手入れするように声帯の整体(しゃれではありません)が必要だということ
である。

 またこんな話も聞いた。お弟子さんのレッスンをする時の話であるが、あるお弟
子さんの発声がどうも真っ直ぐにY先生のところへ来ないそうである。なんか曲がって
る感じがするそうだ。不思議に思ってそのお弟子さんの背中を見ると背骨が曲がっ
ていたそうだ。共鳴器であるボディが真っ直ぐでないと、体から発した声が曲がっ
てしまうそうだ。

 ボディワークで発声のワークをする時、数名が横一列に並ぶ。その後ろに7、8メー
トル離れて立つ。そして後ろ向きに並んだ中の誰かを目指して「おーいっ」と呼び
かけるのである。並んでいる人は自分が呼びかけられたと思ったら手を上げるので
ある。声が届かないということがある、別に声が小さいわけではないが、並んでい
る人は自分に対する呼びかけだと思ったら手を上げるという約束だから、自分に届
かなかったらあげない。また、2、3人一度に手を上げることもある。何回かやってい
くうちに目標の人だけに、手を上げてもらえるようになるのだ(もちろん個人差はあ
るが・・・)。

 発声は声を出すことだけではない。何かを相手に伝える目的がある。有る時は歌
として伝えることもあるし、また有る時は講演として伝えることもある。言葉の意
味ではなく、その発する音にエネルギーを乗せて伝えていきたい。耳のいい声楽家
にかかれば発声だけでその人の体の歪を言い当ててしまう。これはもう整体師のラ
イバルである。声楽家恐るべし。

 私の関わっている講義の種類においては、6時間ぶっ通しでしゃべり続ける授業も
ある(10分程の休みは2、3回ある)。とにかくエネルギーを伝えていこうと思う。6時
間マイクを握ってカラオケを一人で歌うようなものである。私はそう音痴ではない
と思っている(学生時代はよくフォークソングをがなっていた)。が周りは音痴だと
いう。これは声楽整体的に見たらどういうことなのだろうか。ガタガタなのだろう
か。でも、生徒の皆さん授業では歌は歌いませんからどうぞご安心を・・・。

 

 

価値観 北風と太陽 自然 それにつけても人それぞれ
趣味 タブローはタイムマシン リセット 裏方
声帯と整体 言葉の力 2倍速
熱帯魚 前兆 自信 潜在能力
原動力 季節感 後押し 広告
お婆ちゃんの知恵袋 おばちゃん話 祈り トラウマ
アマチュア選手 イメージ ルール違反 内動

 

当サイト「整体とO脚矯正の健康塾」へのリンクはご自由にどうぞ。
URLはhttp://www.kenko-jk.com/です。