エッセイ集『風に吹かれて』メニュー

 

価値観 北風と太陽 自然 それにつけても人それぞれ
趣味 タブローはタイムマシン リセット 裏方
声帯と整体 言葉の力 2倍速
熱帯魚 前兆 自信 潜在能力
原動力 季節感 後押し 広告
お婆ちゃんの知恵袋 おばちゃん話 祈り トラウマ
アマチュア選手 イメージ ルール違反 内動

 

 

2倍速

 

 6月25日で独立開業して丸15年になる。独立前に5年ほど治療院に勤めていたので、
プロということでこの仕事を初めて20年になる。色々な事があったが、業界で一番
変化したのは「クイックマッサージ」と呼ばれる物の出現である。その是非を問う
つもりはないがあれは画期的なものだ。

 従来あんまマッサージ等は、お年寄りの方が行くというイメージがあったのでは
ないだろうか。それを刷新し若い働く女性を動かしたというのはすごいと思う。た
だ実際この仕事に入ってわかったことは、クイックマッサージができる前から
も、若い女性の方が結構治療には来られていたということだ。

 現在私のところの整体院も女性:男性の比率は8:2で、平均年齢は35歳くらいであ
る。意外と思われるも知れないがお年寄りが少ない。健康塾では65歳以上の来院者
は3%ぐらいだ。これは保険が利かないからであろう。それと美容整体というジャン
ルを開発しているからどちらかというと20歳代の女性が多い。

 先日夕方のラッシュ時に御堂筋線に乗ることがあった。この日は異業種交流会の
講師として梅田に出かけた。梅田までは20分ほどであるが、さすが大阪の最大の動
脈「御堂筋線」混んでいた。この時間帯の地下鉄にはめったに乗ることはない。途
中、難波駅から70歳ぐらいの杖を突いたおばあちゃんが乗って来られた。私の方に
進んできたので席を譲ろうと立ち上がった。

 最近はよく席を譲る。以前はなかなか席を譲るという行為ができなかった。自分
の前に立たれたら譲ってあげたいと思ったが、どうも人に声をかけるのが苦手なの
である。知らない人とコミュニケーションをとるのが下手くそだった。声をかける
のが恥ずかしいのである。今では講師という肩書きで全国を回って、数時間でも平
気でしゃべっている。がやっぱり一対一は苦手である。

 周りの目がとても気になる。席を譲ったりしたら「かっこつけてる」と思われや
しないかとか考えていた。誰もそんな風には思わない(はずである)。結局私が一番
そんなことを思っていたのかもしれない。これを心理学では「投影」という。

 今は平気で、必要であれば席をお譲りすることができる。この日もそういう気持
ちでお譲りしたのだが、その時はちょっと状況が違っていた。満員電車だったので、
私の前まで来るのにちょっと手間取った。降りる人に少し押し戻されるという形に
なった。

 最初おばあちゃんと目が合った時、「さぁ、どうぞ」という感じで席を立った。
おばあちゃんも歩みだした。けれどなかなか前へ進めない。その時「果たしてこれ
はおばあちゃんにとって良いことなのかなぁ」考えた。私の思いとおばあちゃんの
思いは一致していた。ただ回りの状況が後押しくれていないのだ。

 以前、上りのエスカレーターと階段が有るところでこんな光景があった。健康の
ためだろうか階段を二段跳びでかけ上がっていく中年男性。これはいいことだと思
う。が朝のラッシュ時だった。その時間帯は暗黙の了解として上に行く人は、エス
カレーターを利用し、降りる人は階段を利用するようになっていた。その男性は押し
寄せてくる人並みに逆らって、元気に階段を駆け上がっていくのだった。これも迷
惑だろう。本人は健康のため意志を曲げたくないのかもしれないが、周りとの協調
性に欠ける例である。

 真実が必ずしも正しい行動だということは言えない場合がある。整体をする時に
思うのだが、みんな真直ぐな身体にこだわりすぎる。もちろん歪みのない身体にこ
したことはないが、それが全てではないだろう。それに歪みを作ることによって保
たれるバランスというものも有る。さらに私たちの身体は日々変化している。いや、
一瞬一瞬変化している。そして微妙にバランスを取っている。身体も心も。

 周りにとらわれることなく、かつ自分の感覚(感性)を大切にし、その場に応じた
判断が下せればいいなぁと思う。20年経ってもまだ駆け出しである。結構人に逆らっ
て走り出したりしている。2倍速で・・・。

 

 

価値観 北風と太陽 自然 それにつけても人それぞれ
趣味 タブローはタイムマシン リセット 裏方
声帯と整体 言葉の力 2倍速
熱帯魚 前兆 自信 潜在能力
原動力 季節感 後押し 広告
お婆ちゃんの知恵袋 おばちゃん話 祈り トラウマ
アマチュア選手 イメージ ルール違反 内動

 

当サイト「整体とO脚矯正の健康塾」へのリンクはご自由にどうぞ。
URLはhttp://www.kenko-jk.com/です。