エッセイ集『風に吹かれて』メニュー

 

価値観 北風と太陽 自然 それにつけても人それぞれ
趣味 タブローはタイムマシン リセット 裏方
声帯と整体 言葉の力 2倍速
熱帯魚 前兆 自信 潜在能力
原動力 季節感 後押し 広告
お婆ちゃんの知恵袋 おばちゃん話 祈り トラウマ
アマチュア選手 イメージ ルール違反 内動

 

 

イメージ

 

 年末におこなった「ホリスティックとは?代替療法家の視点から」という講演会
でイメージワークをした。私たちには「想像力」という素晴らしい力が備わってい
る。イメージには味覚、臭覚、聴覚、視覚、触覚の五つの種類がある。人によりそ
のイメージには得手不得手がある。たとえば目をつぶって頭の中で「海」をイメー
ジしてくださいと言われた時、想像でどんなイメージが出ますか。ビジュアルとし
て海を描ける人もいれば、波の音が聞こえる人もいる。また水や砂の感じが感触と
して出る人や、潮の香りがイメージできる人もいる。もちろん全てが一度に出る人
や、2、3種類組み合わせて出る人や、一つのイメージだけが出る人もいる。

 年末におこなったのは「レモンのワーク」というやつで私がよくするものである。
やり方はこうだ。まず最初に頭の中に白い画用紙を思い浮かべてもらう。ここでイ
メージができたかどうかを挙手してもらう事で確認をする。各セクション毎にこの
確認をする。この時は事前に目をつぶり呼吸法でリラックスを促しておく。

 次にこの画用紙を黄色の紙に誘導する、視覚イメージの色彩の確認である。次は
この黄色い紙を直径10cm位の大きさの円形に縮小する。それから、平面を球体へと
変化をさせていく。次はこの球体の両端をつまんでレモンの形へと誘導していく。
この後レモンの形から実際のレモンへと導き、手に取ってもらって質感(手触り)や
重さを確かめてもらう。

 この作業はイメージなのでもちろん現物のレモンは無い。あくまでも想像である。
次は鼻に近づけ匂いを感じてもらう。この辺りになってくると頭の中で想像だけし
ている人と、実
際レモンを持っていると仮定し、手を鼻に近づける人とに別れる。手を近づける人
は触性感覚の発達した人であろう。

 次はそのレモンをまな板に載せてザクッ≠ニ切ってもらう。聴覚のイメージで
ある。そしてその切ったレモンを鼻に近づける。この時さっきよりも明確に匂いが
するはずである。最初からこれをするよりも、匂いの判りにくい状況を先に体験し
ておくと後半のイメージが明確になる。
 
 「最後にそのレモンをガブリ≠ニかじって下さい。」で終了である。これでほ
とんど(9割り方)の人が口の中に唾液が出てくる。イメージでレモンを噛むだけで、
唾液が出るという生理作用を体験してもらうワークである。どうですか、貴方もイ
メージできましたか?

 普段整体の施術をする時クライアントのよくなった状態をイメージしながら施術
をする。「良くなれ」ではダメである。何故かと言うと「良くなれと思う時には、
まず良くない今があって、結果としての良い状態がイメージされる。まず頭に飛び
込んで来るのは、良くないイメージだからである。クライアントが楽しく暮らして

いる情景などをイメージするのがいいのではないだろうか。

 今年の高校ラグビーで母校K学園が優勝した。当時からラクビーは強かったが、大
阪代表になる程ではなかった。20年ぐらい前から全国大会に出るようになったと思
う。
ちょうど私がこの仕事を始めたころだった。最初に勤めていた、治療センターのス
タッフ控え室で何気なく見たテレビにK学園が大阪の決勝に出ているではないか。
そりゃもう驚いた。特に高校時代は思いでもなく何気なくすごしていたが、急に親
近感が持てた。別にラグビーをしていた訳でもないが、なんか妙に嬉しくなってき
た。それからはお正月の高校ラクビーには注目している。

 特に今年は3連覇がかかった試合である。決勝の後半戦の20分間ほどリアルタイム
で見ることができた。私は今までラクビーを興味を持って見てはいたが、あまり好
きなスポーツではなかった。何故なら、あと何センチという所まで行っても、相手

ディフェンスに阻まれ、飛び込んでも飛び込んでも捕まれ引き戻される、思う様に
進まない自分とオーバーラップしてその姿を見るのがつらかった。

 しかし今年は違った見方ができた。ラクビーは前へ(ゴール側)パスができない(ノッ
クオンという反則になる)。後ろへパスをしながら前へ走るのだ。そしてそれを繋い
で相手ゴールへトライ。ラクビーの監督は野球と違って、グランド内に入れないど
ころか観客席での応援である。つまり指示ができない。選手は一人一人自分の役割
を実に果たし、その場の状況を的確に判断して行動する。という命題を持ちながら
個々の足し算ではなく、その総和は別の大きなエネルギーを生み出す。ややこしい
話になったが、今年は気持ちよく見ることができたということである。

 今回の講演後初老のご婦人が私に駆け寄り声をかけてくれた「先生はお若く見え
ますが、おいくつですか?」と質問された。若く見えるということは喜ばしいことだ
か、治療業界では少し年配に見えた方が得な場合が多い。若く見えると頼りない感
じである。この事ではずいぶん悩んできたが、最近は実際の年もいってきたのでそ
んなに若く見られるということはない。「はぁ、47才ですが」と答えると、「そう
ですか、若く見えますわ」という話から始まった。

 このご婦人はこんなことを言ってくださいました。「今日の先生のイメージワー
ク、私は全然できませんでした。ただ最後の方に少しだけ"これがイメージかなっ"
という物がつかめました。と言われたので、私は「そうですね、誰でも得手不得手
と言うのが有りますから、あんまり気になされなくてもいいですよ」とフォローし
た。すると「私は難病で全身に痛みが走り、今日も来るのをどうしようかと迷って
いたのですが、今日は来て良かったです。ありがとうございました。」ぽかんとし
ている私にさらに「今日先生がイメージの大切ををお話されて、実際少しイメージ
の方法がわかった気がしたので、自分の病気を諦めずに前向きに考えていこうと思
うことができました。」と少し目を潤ませながらお話してくださいました。

 とても嬉しい評価をいただいたと同時に、言葉の力・イメージの力を再認識させ
ていただく出来事でした。スポーツにしろ日常の出来事にしろ、自分の体験や現状
に照らし合わせて、色々イメージしながら生きていくことになる。その時の気分や
状況によって同じ出来事でも、様々なイメージが喚起されてくる。『まず最初にイ
メージ有りき』である。間違ってバーチャルな世界と現実を混同して事件を起こす
こともある。しかし、イメージは私たちの力を増大されせてくれる原動力になる。
「念ずれば花開く」今年も目的に向かって進んでいこうと決意を新たに襟を正す今
日この頃でした。

 

 

価値観 北風と太陽 自然 それにつけても人それぞれ
趣味 タブローはタイムマシン リセット 裏方
声帯と整体 言葉の力 2倍速
熱帯魚 前兆 自信 潜在能力
原動力 季節感 後押し 広告
お婆ちゃんの知恵袋 おばちゃん話 祈り トラウマ
アマチュア選手 イメージ ルール違反 内動

 

当サイト「整体とO脚矯正の健康塾」へのリンクはご自由にどうぞ。
URLはhttp://www.kenko-jk.com/です。