エッセイ集『風に吹かれて』メニュー

 

価値観 北風と太陽 自然 それにつけても人それぞれ
趣味 タブローはタイムマシン リセット 裏方
声帯と整体 言葉の力 2倍速
熱帯魚 前兆 自信 潜在能力
原動力 季節感 後押し 広告
お婆ちゃんの知恵袋 おばちゃん話 祈り トラウマ
アマチュア選手 イメージ ルール違反 内動

 

 

原動力

 

 今年は梅雨明けが遅かった。もう夏は来ないのかと思った。まぁ、そんなことは
無いが、7月の終わりになってもなかな温度が上がらなかったのでクライアントと
も「もう今年は夏来ないのかなぁ」と話をしていた。しかし8月になったとたん、
やっぱり夏が来た。
 
 今年も甲子園が始まった。春夏連覇や色々話題のある大会だが一番興味を持った
のが、今治西校のS君の話だ。彼は子供の時に足を失って義足ということだ、試合自
体は見る事はできなかったが、夜のニュースで走っている姿を少し見た。下腿部(膝
から下)の太さが少し外見的には違うが、言われなかったら解からないと思う。彼
の凄さは取り敢えず甲子園について来たというのでなく、今治西校という甲子園常
連校の中で、5割以上の打率をもってチームを引っ張ってきた原動力であるというこ
とだ。

 パラリンピックというのがある、ハンディキャップを持っている人のオリンピッ
クである。これはこれでまた過酷な戦いであるが、ハンディキャップを持ったもの
が、一般の人と戦って勝ち抜いていくことは、並々ならないことである。甲子園に
出場することは、高校球児の憧れである。各県のナンバーワンが代表として出てく
る。特に夏の大会はトーナメントだから判りやすい。勿論、野球は団体競技だから
仲間の支えもとても大事である。

 「全体はそれを構成する部分の総和より大きく、決して同じものではない」とい
う言葉がある。これはホリスティック医学を説明するときに良く使う言葉である。
チームプレーにはその要素がある。それぞれ個性や能力の違う者がお互いを補い、
また激励しチームを作り上げていく。「1+1=2」に非ず「3」にも「4」にもあるい
は「10」にも成りうるというこことだ。

 世界水泳の男子混合リレーにしても、何かが後押ししてくれているはずだ。誰に
もそんな時がある。それを自由に使いこなせたら素敵じゃないですか。

 この原動力はいったい何だろう。高校球児は当然みんな甲子園へ行きたいに違い
ない。努力もするだろう。けれど努力の途中で挫折する人もいる。何故だろう。運
を生かせる人、生かせない人がいる。何故だろう。努力が結果として現れない時は、
その努力はどうなるの?

 整体の学校で説明会する時、こられる方はのほとんどが転職組みになる。その方
々に向かって私が言うのは「あなたがやってきた事(仕事)は、整体に全部役に立つ
のですよ」すると「えっ、全然違う仕事なんですよ」と言われる。考え方である。
どんな仕事をするのしても一本通っている筋がある。その部分は色々な仕事や物事
の共通点のはずである。

 「富士山に登るのに登山口はたくさんあるのと同じです。まして人に関わる仕事
なのでクライアントもいろいろな方が居られるので、逆に言うと人生経験の長い方
が良いかもしれませんね」と言ってさしあげる。知らず知らずのうちに養われたも
のは、形を変えても出すことができるのだ。いや出るはずだ。自分が「フタ」をし
なければ。

 整体の様に手でやる技は、小さいころからから、お母さんの「肩たたき」等をし
ていた人にとっては、たやすく見えるようだ。最初はなめてかかっていた人も、上
級になってきた要求が難しくなると、頭ではわかっていても、体が動かなくなって
くる。皆そんな経験をして上手くなっていく。

 この時期に「まんが甲子園」というのも開催される。今年の最優秀賞は高崎東高
等学校という高校で、決勝戦のテーマは「オンリーワン」である。どんな作品かと
いうと、各時代の名画ヒロインが(ビーナスとかモナリザとか)が「ミス芸術コンテ
スト」ということで一堂に描かれている、そしてコメントが「みんないいところが
あるのよ」「選びきれなくて当然よね」と画面で締めくくっている。

 今年はスマップの「世界に一つだけの花」が大ヒットで、ナンバーワンよりオン
リーワンという気風なのだろう。「癒しの手」は貴方にとっての「オンリーワン」
でいいのだろう。その気持ちを感じたい。何をする時でも、見守ってくれる誰かが
いたら、頑張れる。

 

 

価値観 北風と太陽 自然 それにつけても人それぞれ
趣味 タブローはタイムマシン リセット 裏方
声帯と整体 言葉の力 2倍速
熱帯魚 前兆 自信 潜在能力
原動力 季節感 後押し 広告
お婆ちゃんの知恵袋 おばちゃん話 祈り トラウマ
アマチュア選手 イメージ ルール違反 内動

 

当サイト「整体とO脚矯正の健康塾」へのリンクはご自由にどうぞ。
URLはhttp://www.kenko-jk.com/です。